読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラママでもいいじゃない

29歳で出産、30歳で産後うつ。33歳夫と1歳半娘と一緒にゆっくり療養中です。

インフルエンザ!

おはようございます。

最近あんまりヘラってないちよこです。

先週金曜、ついに魔のトンネルを抜けました。

朝の光が眩しい!空気美味しい!パンが美味い!!

と旦那&娘を送りがてらカフェに寄ってゆったり過ごしたり、

旦那の誕生日祝い(と言ってもうつ期だったので準備0)したり、

趣味のイベントに出かけたりととても楽しい週末でした。

 

……が。

火曜日から発熱。

おっかしーなー、娘の風邪うつったか?くらいでした、最初は。

しかし、どんどん上がる熱!全身に広がる関節痛!

おかしいぞ。

夕方熱が40℃を越えた時点で、「こりゃインフルエンザだ」と確信しました。

(多分イベントでもらってきたんだろうな〜)

 

翌日、旦那に連れてってもらい病院へ。

先生「予防接種は打ちました?」

私「はい」

先生「うーん。それで40℃も熱出るってありえないんだよね〜」

私「えっ」

先生「たぶん、効いてなかったんでしょうねワクチン」

私「ええっ!?」

そんな……じゃあ私はこの冬、「ワクチン打ったし余裕余裕♫」と思いながら

過ごしていたけど、実はノーワクチン状態で過ごしていた……と!?

んなアホな……。

 

その後検査(鼻に長ーい綿棒突っ込まれる痛いやつ、すごい変な声出た)で、

はい、見事A型陽性!!!

発症日はカウントされないそうなので、昨日から五日間の外出禁止令が出ました。

私の三連休……終わった。

 

というわけで、今も基本安静にして過ごしています。

普段使っていない部屋に私は隔離。

他の部屋に出る時にはマスク着用。

なかなか不自由な生活ですが、なってみて良かった事もありました。

 

それは、「病気の時は休んでいていい」と実感できた事。

風邪でもインフルでも具合が悪かったら寝て休む。

当たり前ですね。

でも、自分の心の病気だとそうは思えなかったんです。

「体のどこも悪くないのに、寝てばかりいるダメなやつ」

そう自分を責めていたんです。

インフルになって寝込んだ事によって、

「具合悪い時に無理して起きるなんてよくない。ちゃんと休もう」

という事が自分の心と体でちゃんと実感できたんです。

「うつっていう病気なんだから休んでいろ」

とよく旦那に言われていましたが、そんな風には思えませんでした。

でもこれからは、自分に「ちゃんとやすんでいいんだよ。病気なんだから」

と調子の悪い時に言ってあげることができそうです。