メンヘラママでもいいじゃない

29歳で出産、30歳で産後うつ。33歳夫と1歳半娘と一緒にゆっくり療養中です。

就職活動とは…

こんばんは。

うつが来そうになったらしっし!と追い払っているちよこです。

 

さて、インフルエンザも三日目に突入。

もうすっかり熱も下がり元気になりました。

やることがありません。

「よっしゃ、散歩行くか。」

 

というわけで、マスクをして短時間だけ近所を散歩してきました。

見れば近所の小学校で卒業式。なんだかちらほらと華やかな女の子たち。

えっ、最近って袴着るんだ、小学生が!

ちょうど今日のnews every.の特集でもやってましたが、

最近は卒業式に袴を着るのがおしゃれJSたちの中でブームなんだとか。

時代は変わりますね。

 

その散歩のついでに食材を調達。

そして…「フフフ、これがあれば私(インフル病原体)でも料理できる!」

とビニール手袋を買って来てマスクと手袋で夕飯の支度をしました。

(良い子は真似しちゃだめですよ!)

だってもう、暇なんだもん。なんにもすることないんだもん!

 

今日は調子がいいぞと昨日からしていた就職活動を再開。

派遣会社から電話が来るはずなんだけど…(ドキドキ)。

 

プルルルルル

 

きたーーー!!!

派「こちら〇〇サービスです」

私「は、はいうえcsmvksんbtg」(アカン、電話のおねいさんこわい……)

派「ご応募ありがとうございます。条件について確認よろしいでしょうか」

私「あっ、ひゃい」

派「条件に『時短勤務』と書かれておりますが……」

私「はい、こ、こどもがおりまして、お迎えに行かなければならないので……」

派「当社のご紹介できる案件が基本的にフルタイムのお仕事になりますが」

私「(えっ!)えーと、サイトで時短の事務の仕事を拝見して応募したのですが」

派「失礼いたしました。そうですね、こちら時短勤務のお仕事になります」

私「こういうお仕事って他にありますか」

派「そうですね……こちらのお仕事を含めて時短は2件のみです」

私「そ、そうですか(す、すくなっ)」

派「あの、お子様がいらっしゃるとのことですが、

  お子様が急病などの場合どなたかサポートしてくださる方はいらっしゃいますか」

私「えーと、基本的に私が仕事を抜ける事になります。主人もいますが、難しいかと」

派「かしこまりました。それでは社内選考ののち、ご連絡いたします」

私「はい、宜しくお願い致します」

 

無理じゃん。

いや、これ勝てる要素ないやん。

いきなりフルタイムもきついしお迎えもあるから時短なんだけど。

無理ですやんこれ。

もう途中からもういいー、落としてくれーって気持ちになって聞いてた。

世の中のお母さんたちはどうやって働いてるの?

ずっと続けてきた職があるんだろうけどさ。

転げ落ちた私みたいな人間はどうすりゃいいんじゃー。

とりあえず、エントリーはしたし、結果待ちます。

就職活動してるだけ一歩前進さ!